{{$page_title}}

ホーム >  ミレー物語 >  第1話 ~1994年 起業をすることを夢見て

第1話 ~1994年 起業をすることを夢見て

 

社長の早川が、創業したてのころから現在に至るまでの“山あり谷あり”を簡単な物語風にまとめてみました。
よかった時よりも、苦しかった時のほうが多い、これまでの半生ではありますが、長年にわたりご愛顧くださるお客さまに支えられ、今日まで何とか耐え忍ぶことができました。
ミレー物語は、失敗ばかりのドタバタとお客さまに支え続けられた感謝の歴史でございます。

 
当時、まだ大学生だった社長の早川は、会社を立ち上げることを夢見て、日々アルバイトに精を出していたそうです。
報酬のよい“ガテン系”が多かったとか。
起業時には、160万円を学生時代に貯めていたというのですから、なかなかやりますね。
 

バイト時代

 
体力には自信がありました!